打合せプロセス実例集  

 

 

 

 

デザインの始まりはお客さまとの対話から始まります。

お客さまの唯一無二の住まいを実現するために、​装邸図案では工夫に工夫を重ねることで、お客さまの想像を超えるような提案をさせていただくことも多いです。

そのような場合でも、スケッチを多用するなど、できるだけわかりやすくご提案させていただいています。数十回にも及ぶ打合せが少しでも楽しくなるような、毎回のご提案を実例を踏まえてご紹介いたします。

SKE006.jpg

設計図は分かりづらく
ありませんか?

【スケッチから実現までの物語】

装邸図案はお客さまへの積極的なヒアリングを元にした、しつこく丁寧な設計をすることで、お客さまの希望を存分に叶えることが持ち味です。スケッチを多用しています。一部をご紹介します。

K019.jpg

大切な部分は特に
​検証に検証を重ねます

【複雑な設計の共有から実現まで】

装邸図案はお客さまの住まいにとって有益であれば、お客さまの想像を超えるような大胆なデザインを提案することがあります。そのような時こそ丁寧でわかりやすい資料をお届けします。

KD006.jpg

見たことの無い
デザインは、より丁寧に

【こだわりを現実にするプロセス】

お客さまの唯一無二を実現するために、1-10まで誰も見たことのないようなデザインをすることがあります。カウンターで使用するような無垢の木材を扉にした実例のプロセスをご紹介します。

S004.jpg

細かい部分も
気になりませんか?

【部分のパターンもサッと共有】

装邸図案は、お客さまが気になっている細かい部分のデザインもスケッチを通してささっと検討して、お客さまと共有することが多いです。よりわかりやすい資料を目指しています。

K007.jpg

職人への資料も、
"丁寧さ"を忘れません

【職人向け資料を公開】

装邸図案は職人への資料も丁寧さを欠かすことはありません。設計図に+αの資料を作成することで、職人が気持ちよく、より情熱をもって仕事ができるように工夫しています。

K012.jpg

​仕上げ材の選び方は全体も俯瞰しながら段階的に

【実物サンプルとスケッチの往復】

装邸図案はお客さまが希望されるイメージから数十種類以上のサンプルを取り寄せ、最適な素材を厳選し、都度スケッチ等で全体イメージを共有するように努めています。